たえずと違った年齢

前日は私の年齢でした。身好きな身、毎年自分の年齢はお休みをとって、呑んだくれます。それでも今年は、そんな二日酔いな1日にするのではなく、ちょっと遠出しようとワンデイで弾丸京都プランへ。といっても独りで汽車にのって、のほほんと過ごすってだけのプランなのですが。みっちり京都市ミュージアムに見たかったイラストの見本市があったので、それといよいよ一箇所くらいなら、ワンデイで回れるねって思いふらり京都。これが良かったです。いつもは住まいにこもっている年齢でしたが、こうやって一人でもいいから、まだまだ遠出してみるって初の企て。何故かわたくしが素晴らしい年齢にしたんだなって感慨深いものがありました。いい感じ。
お参りしようと沈静神宮へ行ったのですが、やはりウィークデーとはいえ京都。外人のツーリスト、修学旅行とか遠足なのか、大学生のサークルもいて、結構賑わっていました。見本市はウィークデーということもあって空いていて見やすかったのですが、沈静神宮はさすがに他人が多かった。勿論京都。嬉しい日本の街路ですね。ミュゼプラチナムは評判どおりでした

人の入れたお茶のおいしさ

自身はお茶が大好きです。といっても、本格的なお茶という意味ではなく、ドリンクやおっぱいなんかよりもお茶が大好きだという意味で大好きなのです。季節によってお茶の顔ぶれを変えてみたり、ちょっぴりお厳しいお茶を特別なときに飲んだりと、お茶でも色んな楽しみほうがあります。ミッドサマーに熱い麦茶を飲んだりするのも香ばしくて、至っておいしいので、日々暑さに負けずにお茶の味を堪能しています。

いま気が付いたのは、よそのおうちに行ってお茶をいただいたときに、おんなじお茶でも奴が淹れてくれたお茶は抜群美味いということに気が付きました。わざと好ましいお茶を淹れてくれているのかな?と思いましたが、どうしても美味いので「これはなんてお茶?」と聞くと、最高では弱い普通のお茶だという返答が返ってきます。奴が淹れてくれたお茶はなぜか本当に上手く感じるので不思議です。

また、逆に住まいへレジャーに来てくれた奴にお茶を出すと「なるほどおいしい!」と言われることもあります。この現象は果たしてなんなのでしょうね。キレイモの口コミは、ガセですね

ブライダルエステに行ってきました。

結婚式前なのでエステに行ってきました。
エステって普段行かないから内心ちょっとドキドキでした。

私は常に顔ににきびがあってそんなに肌荒れが激しいってわけじゃないけど
良いわけでもなく、にきびがコンプレックスだなー程度に思っていました。

ブライダルエステって3ヶ月くらい前からいくものらしいのですが、
そんなに前から行っても意味ないと思い、直前の2週間だけガンガン通ってました。
ちなみにマッサージ系は直前に行くのは絶対だめですね。

stockfoto_41768795_XS

リンパマッサージを一週間前にいったところ、強くもまれすぎたせいか
青アザができてしまい、式の時も消えませんでした。

結局化粧できれいには消えましたけどあんなヒヤヒヤする体験は二度としたくないですね。

あとは小顔効果のあるマッサージとかしてもらいました。
ちょっとびっくりだったのは1本10mlしか入っていない美容ドリンク。

これで1200円です。
高すぎると思ったけど、もうほかにお金そんな使ってないし今回だけ許してって思いで
3本買いましたが、結構よかったです。

肌に良いものが凝縮されていてまずいですけどこれ飲んだら肌が本当にきれいになった気がします。
あんな高いものもう2度と飲まないと思うけど、世の中にはこんなすごいものがあるんだなーと勉強になりました。